月別アーカイブ: 2015年9月

スーパートロフェオ・インドネシア終了


image

ランボルギーニスーパートロフェオ・インドネシアで39号車チーム(水谷社長/野間選手組)が見事にクラス優勝!目下シリーズランキングトップ!本当におめでとうございます!

23号車内田選手は予選までのトラブルの影響で後方からのスタートとなりましたが、怒涛の追い上げでクラス4位

6号車は残念ながら、第1レースのクラッシュの影響でリタイアとなってしまいました。でも今回も走れば走るほど、速くなっていく両ドライバーの走りは最高にワクワクしました(^-^)

次回の上海は3台とも表彰台に登れるようにコーチングを頑張ります!

#1st #coaching #lamborghini #Directionracing #Indonesia

初インドネシアでランボルギーニスーパートロフェオのコーチング


image

今週は鈴鹿が終わってからすぐにインドネシアに来ています。初ジャカルタ、初セントゥールサーキットです。今回もランボルギーニスーパートロフェオシリーズのディレクションチームに帯同しています。

今日まではチェック走行のみで明日から本格的なレースウィークが始まります。

今回もコーチとして三台のディレクションチームのマシンチェック、ロガーチェックが主な業務です。今回は三台とも表彰台に乗れるように頑張ります!

鈴鹿1000Km


今年の鈴鹿1000Kmは夕方近くに5位まで順位を上げ、表彰台も見え始めた矢先にピット作業違反でペナルティーストップ30秒をうけてしまい11位に転落、そこからチームみんなで気持ちを切らさずに踏ん張り、最後は雨が落ちる中、峰尾選手の激走で9位でチェッカーとなりました。

今回は結果以上にチームが本当に素晴らしかった。今まで以上にみんなが結果にどん欲になっていたし、場面、場面の緊張感の中で感じた一体感はコレまで以上で本当に走る前にみんなからパワーをもらった気がしました。

今回はCドライバーの飯田選手が難しいコンディションの中で完璧な走行をしてもらえたことで、残りの3スティントで色々な作戦の幅を持つ事が出来た事が非常に大きかったです。僕の第4スティント、最後の峰尾選手のフルドライのコンディションはフルウェットセットに近いマシンだったので、マシンが暴れて非常に大変でしたが、チームのみんなやスポンサー、サポーターのみなさんの熱い思いがパワーとなって、頑張る事が出来ました。

次の菅生は気温もようやく下がりフェラーリのコンディションになってくると思います。今のチームの雰囲気なら必ず僕たちはやれると思います。次戦の菅生を楽しみにしていてください。